名古屋のレーシックガイド

名古屋でレーシックを検討していても、どのクリニックを選んだらいいのか選ぶのは難しいですよね?

レーシックは自費治療なので、クリニックによって大きく費用が違いますし、使用する機械の質、アフター保証にも大きく違いが出ます。

当サイトでは名古屋のレーシック眼科を費用比較しながら詳しく紹介しています。

名古屋のレーシック費用を比較

費用の支払い

最安メニューの費用比較 in名古屋

クリニック名 施術名 両眼料金
品川近視クリニック 品川イントラレーシックアドバンス 15.8万円
セントラルアイクリニック アイレーシック 48万円
おぐり眼科 スタンダードレーシック(※注意) 15万円
眼科杉田病院 イントラレーシック 36万円
名古屋アイクリニック フェムトセカンドレーザーレーシック 34.1万円
(※注意:スタンダードレーシックはカンナ状のケラトームを使った古いレーシックであり、後遺症リスクが高いのでおすすめできません。)

主要メニューの費用比較 in名古屋

名古屋の安いレーシック

施術名 品川近視クリニック セントラルアイ 名古屋アイクリ
主要なレーシック① 15.8万円
品川イントラアドバンス
48万円
アイレーシック
34.1万円
レーシック
主要なレーシック② 32万円
アマリス750Z
34.1万円
ミドルエイジレーシック
ラゼック 17.8万円 28.6万円
ICL乱視なし 46~53.7万円 75.6万円
ICL乱視あり 56~63.7万円 81万円
フェイキックIOL 59万円 65万円 75万円
リレックススマイル 31.9万円 37.4万円
検査費・薬代 無料 無料 3万円
(※すべて税込み価格)

適応検査の料金

クリニック名 適応検査の料金
品川近視クリニック 無料
セントラルアイクリニック 無料
おぐり眼科 無料
眼科杉田病院 3万円
名古屋アイクリニック 31,320円
看護士 白 右

名古屋では料金面だけをみれば品川近視クリニックが最も安くなっています。

もちろん費用だけでクリニックを選ぶことはお勧めできませんが、品川近視クリニックは症例数が世界トップレベルの125万件以上であり、術後の保証も万全なので安心して治療が受けられます。

 

名古屋のレーシック総合人気ランキング!2020

1位 品川近視クリニック 名古屋院

品川近視クリニック名古屋院

★★★★★

おすすめNo.1
品川近視クリニックは、大手だからできる業界の最安値水準の低価格でレーシックが受けられます。しかも累積症例数が100万症例を突破し、約98%の方が視力1.0以上に回復という実績を持っています。毎年、技術進歩に合わせた最新最高位の機器を提供しており、品川近視の最高位施術は世界トップ基準といえます。それを名古屋で受けられるのはありがたいですね。日帰りの一日レーシックも人気です。

品川近視クリニックの費用

施術名 料金(両眼、税抜)
品川イントラレーシックアドバンス 15.8万円(5年保証)
クリスタルZレーシック 25万円(8年保証)
アマリス750Zレーシック 32万円(10年保証)
ICL 乱視なし 46~53.7万円(3年保証)
レクストLext 34.9万円(5年保証)
ラゼック 17.8万円(3年保証)
適応検査 無料
看護士 ピンク 右

品川近視クリニックは、常に安全性の高い最先端の医療機器を準備しているので、小さな町の眼科より断然安心して治療を受けられます。

また屈折矯正手術の種類によって3~10年のアフターケア保証が付きます。

品川近視クリニックを一番に勧める理由

品川近視クリニックを一押しする理由は、実際に品川近視が①価格面、②技術面、③実績面で総合的に優れていると判断したからです。ネット上でもでも品川近視クリニックを推しているサイトは多いように、「世界基準のレーシック」というのは事実であり、もしあなたが近所の小さな眼科でレーシックするくらいなら品川近視クリニック名古屋院をオススメします。

【住所】愛知県名古屋市中村区名駅5-7-30 ORE名駅東ビル2・3F
【診療時間】10:00~20:00、年中無休・完全予約制
【アクセス】JR名古屋駅の桜通り口より徒歩7分、地下鉄桜通線の国際センター駅3番出口より徒歩1分。
【分院】東京院、大阪梅田院、名古屋院、福岡院、札幌院

品川近視クリニック名古屋院の検査WEB申込み

 

2位 セントラルアイクリニック

セントラルアイクリニック

★★★★

お勧め眼科
白内障治療やレーシック手術、オルソケラトロジー、フェイキックIOLが受けられるセントラルアイクリニック。安全性の高いアイレーシックを行っています。フェイキックIOLについては、最近の主流のICLでないのが残念です。

【住所】名古屋市中村区名駅4-5-28 桜通豊田ビル14F
【アクセス】JR・地下鉄・名鉄の名古屋駅から徒歩5分
【受付時間】10:00~18:30
【休診日】火曜、日曜、祝日
【駐車場】なし
施術名 料金(両眼)
アイレーシック iLASIK 48万円
PRK 45万円
フェイキックIOL 65万円
オルソケラトロジー 25万円
適応検査 無料
セントラルアイクリニックの詳細ページ

 

3位 名古屋おぐり眼科

おぐり眼科(名古屋・栄院)

★★★☆

おすすめ
栄駅からの好立地にある名古屋おぐり眼科。もともとは神戸神奈川アイクリニック名古屋院であり、プレミアムアイデザインレーシックにも定評があります。日帰りのワンデーレーシックが人気。またレーシックだけでなくICL施術、オルソケラトロジー、白内障治療も。

【住所】愛知県名古屋市中区錦3-16-27 栄パークサイドプレイス4F
【アクセス】地下鉄 栄駅2番出口すぐ ※COACH名古屋栄店の奥のビル。
【診療時間】平日10:00~13:00、14:00~18:00、土日祝10:00~13:00、14:00~17:00
【休診日】水曜・年末年始
【駐車場】なし
施術名 料金(両眼)
プレミアム アイデザインレーシック 40万円
プレミアム エピレーシック/ラセック/PRK 46万円
iFSイントラレーシック 25万円
スタンダードレーシック 15万円
フェイキックIOL(眼内コンタクトレンズ) 44~78万円
術前検査料 無料
名古屋おぐり眼科

 

4位 眼科杉田病院

眼科杉田病院

★★★☆

お勧め眼科
眼科杉田病院は、名古屋で60年もの運営実績のある地元密着の眼科です。レーシック専門クリニックではありませんが、総合眼科として信頼できる眼科です。フェムトセカンドレーザーを使ったイントラレーシックが受けられます。

【住所】名古屋市北区大曽根三丁目14番20号
【アクセス】JR・地下鉄・名鉄の各大曽根駅から徒歩1分
【受付時間】平日8:30~12:30、14:00~17:30、土曜8:30~12:30
【休診日】第1・第3土曜、日曜、祝日、年末年始
【駐車場】27台(4時間割引)
施術名 料金(両眼)
イントラレーシック 36万円
ラゼック LASEK 36万円
ICLレンズ(乱視なし) 62万円
ICLレンズ(乱視入り) 70万円
適応検査 3万円
眼科杉田病院の詳細ページ

 

5位 名古屋アイクリニック

名古屋アイクリニック

★★★

おすすめ眼科
金山にあるレーシックや白内障手術を行う地元密着のクリニック。セカンドオピニオンとしてもおすすめです。コンタクトレンズ外来や角膜外来(円錐角膜)、ドライアイ外来、眼精疲労外来もあり。完全予約制ですが日曜・祝日が休みなのが残念。

【住所】名古屋市熱田区波寄町25-1 名鉄金山第一ビル3F
【診療時間】平日 9:00~12:00、14:00~18:00、土曜 8:30~16:00
【休診日】木曜、日曜、祝日、年末年始、お盆など
【アクセス】JR金山駅の東口から徒歩1分
【駐車場】なし
施術名 料金(両眼)
フェムトセカンドレーザー・レーシック 341,000円
ミドルエイジレーシック 341,000円
リレックス スマイル 374,000円
ラセック 286,800円
眼内コンタクトレンズ(ICL乱視なし) 770,000円
眼内コンタクトレンズ(ICL乱視あり) 825,000円
適応検査・薬代 3万円
詳細いページはこちら

 
 

現在はレーシックが行われているか不明な眼科

眼科三宅病院

眼科三宅病院

レーシックだけではなく、白内障や網膜剥離、緑内障など総合的な眼科の症例に対応している眼科三宅病院。11人の医師による外来診療を行っているため、手厚い布陣が引かれています。マイクロケラトームを使った一般的なレーシック手術を行っています。術後1年以内であれば、近視の戻りに伴う追加矯正も無料です。

【住所】愛知県名古屋市北区大曽根三丁目15-68
【診療時間】8:30~11:30、1:30~3:30
【休診日】毎月第1第3土曜、日曜、祝日
【アクセス】各線大曽根駅から徒歩1分
【駐車場】なし

 

名古屋のレーシック事情!【2020年】

ここ数年の間に名古屋のレーシック事情は大きく変わってきています。10年前はレーシック最盛期で、名古屋にも全国規模の大手クリニックが進出していました。

ですが、銀座眼科の不祥事でのレーシックの評判低下は根強く残り、名古屋のクリニックではレーシックから撤退するところも増えてきました。

神戸神奈川アイクリニックが閉院という業界再編もおこりました。

現状で名古屋の大手レーシッククリニックは品川近視クリニックのみになりました。

品川近視クリニックは世界基準のレーシック技術・機器を持っており、名古屋でレーシック手術をするなら、症例数100万人以上の品川近視クリニック(名古屋院)を選ぶのが安心です。

徹底した衛生管理や、最新機器の導入など高い水準を保つのは大変であり、何も知らずに小さな眼科でレーシックを受けると、旧来のレーシックすすめられて、術後の見え方にも大きな違いが出てきてしまいます。

 

レーシック手術に保険は適用されるのか?

健康保険について

残念ながら健康保険(公的な)は、レーシック手術には適用されません。
病気ではないので認められていません。

生命保険・医療保険

国民健康保険証

国民健康保険はレーシックには適応されませんが、民間の生命保険・医療保険は、契約内容によっては、レーシック手術に対して給付金が出ることがあります。長い間続けて保険に入っている人は、保険会社に給付金が出るのか問い合わせてみましょう。

その時には、レーシック手術ではなく「レーザー角膜屈折矯正手術」という名称を使ってみてください。今までに、かなり多くの民間保険会社でレーシック手術に対して給付金が支払われたという実績があります。

ただし、手術を受けることを前提に保険に加入して、給付金を受けようとする事は保険会社の方針変更のため現在ではできないかもしれません。

給付金目的の保険加入が頻発したようで保険会社の側でも対抗措置として、新しく加入する場合の医療特約でレーシック手術(レーザー角膜屈折矯正手術)を除外する旨が書かれているようです。

特約の記載例(給付金が支払われない例)は次のようなものです。レーザー角膜屈折矯正手術(レーシック)等については、医対象療報酬点数表に手術料の算定として列挙されている手術ではないため、手術給付金の対象となりません。

医療費控除

レーシック手術では民間の保険も使えなくなってきているようですが、保険とは異なりますが、医療費控除というものがあります。

これは、年間の医療費が十万円を超えるときに、かかった医療費から十万円(所得が200万円以下のときには、所得の5パーセント)を引いた残りの金額に対して十分の一が戻ってくるというものです。

看護士 白 右

ただし、残念な事に上で計算した戻ってくる金額以上の税金を納めていなければ戻ってきません。なお、年間とは一月一日から十二月三十一日までの事を言います。

 

レーシック手術のリスク

女性

ドライアイ

レーシック手術を受けた後、多くの患者さんが一時的にドライアイの症状を自覚します。

レーシック手術が原因のドライアイは一時的なもので、多くの場合、最大でも一月程度で症状は収まります。

レーザーで角膜を削る際に、涙腺も一緒に切れてしまうため涙が出にくくなってしまいますが、時間が経てば涙腺は再生されます。

ハロ・グレア

レーシックの後遺症として必ず理解しておきたいのが、ハロ・グレアです。

ハロ現象は、暗いところでの街灯や車のヘッドランプがぼやけてしまう症状で、グレア現象は、暗いところでの明るい光が極端にまぶしく感じてしまう症状です。

手術前に近視が強かった場合などに自覚することが多いといわれています。

過矯正

レーシック手術の後、視力はしばらく不安定なのですが、一時的に遠視になってしまうことがあります。特に、強度の近視を治療した場合には起こりやすいといわれています。

角膜拡張症

角膜を薄く削りすぎてしまうと、眼圧に耐えられなくなった角膜が歪んでしまうということがあります。

可能性の低い合併症ですが、強度の近視を治療した場合には角膜をかなり削るので起こりやすくなります。角膜に十分な厚さを残している限りは問題ありません。

乱視

角膜を削るレーザーの照射位置がずれてしまうと、乱視になってしまうことがあります。手術中に眼球が動いてしまうと乱視の原因となります。

感染症のリスク

衛生状態が良くない医院での手術で感染症を発症することがあります。確率的には、0.02パーセント程度といわれています。

現在営業している実績のある医院ではほぼ考えられないリスクだと考えてください。
 
 

レーシック適応外で受けられない場合

女性

角膜の厚さが足りない場合

レーシックのができない人は理由がいくつかあります。その理由は、角膜の問題や、年齢、そして職業といったものです。

まず角膜の問題ですが、レーシックの手術は角膜を削ってから、レーザーにより視力を向上させるものです。そのため、角膜には一定以上の厚みが必要です。

レーシックの手術によって角膜を削った残りは、280μm以上は必要です。

もしこれ以上なければ、コントラストを感じる感度が低下するなどや、また薄くなりすぎることにより問題が起こる可能性があるために、手術を受けることができないのです。

しかし、一概に角膜が薄いからといって、手術受けられないというわけではないようです。

また、角膜が傷ついている場合や、逆まつげがある人、さらには角膜の形状に異常がある人も、レーシック施術が受けられないようです。

レーシックの年齢制限

年齢が若すぎる人は、レーシックの手術を受けることはできません。レーシックの手術は、角膜を切除します。そして、切除された角膜は再生するものではありません。

レーシックの手術は、視力が低下しきって安定したところで行なうのが、ベストタイミングです。

そのため、若い人は視力が安定していないので、手術を受けることができないとされています。

職業によって受けられない場合

職業制限により、レーシックの手術が受けられない人もあります。職業による制限とは、パイロットやパイロットを目指しているが該当します。

しかし、これも一概に手術できないわけではないので、専門機関への問い合わせが必要です。

さらに、レーシックの手術を受けることができない人には、糖尿病や、傷が治りにくい膠原病といった疾患がある人は、手術後の角膜の再生や治癒が遅くなる可能性が高いために、レーシック手術は厳しくなります。

また、レーシックの手術を受けると、術後に感染症予防のために薬剤が処方されます。

そのため、妊娠中の女性や、授乳している女性は、母体や母乳によって薬剤の影響が子供に及ぶ可能性があるので、レーシック手術を受けることはできません。
 

レーシックよくある質問

レーシックQ&A

失明のリスクはあるの?

看護士 白 右

回答一番の心配は、失明しないかと言う事ではないでしょうか。もちろん手術なので可能性はゼロではないですが、失明した事例は今までに世界中で一度もありません。

そもそもレーシックは眼の水晶体に手を加えることはない安全な手術なので、失明は考えずらいでしょう。

手術中に目を明けていられるか心配なのですが?

看護士 白 右

回答レーシック手術のときには目は固定されるので大丈夫です。目が固定された状態でレーザーが角膜を捉え、照射を行います。

自分自身でずっと目を開けている訳ではありません。まぶたを固定する機器に関しては色々な大きさのものが用意されているので目の小さい方でも安心して大丈夫です。

レーシック後にフラップはズレないですか?

看護士 白 右

レーシック手術では角膜をスライスして作成したフラップは完全に固着するわけではありません。

角膜は透明ですので医療用の接着剤などを用いるわけにも行かなく、またそもそも皮膚のような再生機能はありませんので、傷口は時間をかければ癒着は進むものの完全に固着することはありません。

となればレーシック後に目に力を加えるとフラップがずれる危険性はあり、実際にシワが生じたりずれてしまうという症例は報告されています。

ただこうした例を見てみると、術後の1ヶ月間はスポーツや強く目をこするなどの目に力が加わる行為が禁止されているにも関わらず行ったという例が多く見受けられます。

こうした禁止事項はあらかじめ手術前に説明を受けるわけなので、目に力が加わる行動をとらない限りはレーシック後にフラップがずれる危険性は大きくないといえます。

 

ICL(眼内コンタクトレンズ)とは

ICLレンズ

ICLとは「インプランタブルコンタクトレンズ」の略です。これは眼内に専用コンタクトレンズを入れることで、視力を矯正する手術です。

眼内に入れたレンズは、安全性の高い素材で出来ています。眼内にレンズを入れる時に、レーシックのように角膜などを削る必要はなく、コンタクトレンズのような違和感もありません。

術後は日常で何か手入れをしなければいけないということもなく「永久コンタクトレンズ」とも呼ばれています。

最近主流のICLレンズは「ホールICL」と呼ばれ、レンズの中心に穴が開いています。

これにより、治療後の合併症である白内障のリスクが軽減され、より安全性の高い治療が可能となっています。


 

レーシック以外の視力回復法「オルソケラトロジー」

オルソケラトロジーをしたい女性

オルソケラトロジーの語源はギリシャ語のオルソ(矯正)、ケラト(角膜)、ロジー(学問・療法)を意味する単語を並べたもので、オルソケー、オルソレンズとも呼ばれます。近視の視力矯正のための、特殊なコンタクトレンズを使った治療法です。

この特殊なコンタクトレンズは、ハードで、内側が独特の形状をしており、寝ている間に装着することによって、その形状を記憶させるという視力矯正術です。また酸素透過性も高く、寝ている間につけていても目に酸素が行き渡るよう配慮されています。

光の曲率を変えるために角膜の形を変える考え方はレーシックと共通していますが、角膜を削って形を変えるのがレーシックで、オルソケラトロジーは角膜を削らずに変形させて曲率を変えるものです。

その結果、外科手術を行わずに寝ている間に裸眼の視力回復が期待できるので、アメリカでは日本より早く30年以上前から用いられています。治療中の安全性も高い上、角膜そのものを傷つけません。

ただし、このオルソレンズによる角膜変形は永続的なものではないために、時間が経つと角膜は元の形に戻ろうとします。一定間隔ごとに継続的にレンズ装着をしなければいけない点はオルソケラトロジーのデメリットです。

視力回復の状態は、初めてオルソレンズを装着した人の場合でも12時間程度は実感できます。

夜寝るときに専用レンズをつけ、翌朝はずして裸眼で生活して、夜になってもまだ視力矯正の効果持続を感じていられるといった具合です。

寝るときにレンズをつけっぱなしということが、最初は異物感があって気になりますが、慣れれば平気です。日中生活している間は裸眼で、矯正視力を手に入れられるのでコンタクトや眼鏡をしている場合に比べて肩こり・頭痛などの疲労からも解放されたという感想もあります。

もし自分に合わないと感じたら、専用レンズの装着をやめれば、あとは時間の経過で角膜が元の状態に戻っていくため、その点はレーシックとは違っています。

名古屋でレーシック手術するなら

イントラ治療の検査に来た女性

名古屋でレーシックするなら一番おすすめなのは、品川近視クリニックで最高級のアマリスZレーシックを受けることです。

ですが費用の問題で簡単に受けられるわけではありません。その場合はイントラレーシックアドバンスがおすすめです。

一生涯コンタクトレンズやメガネを使うよりも、レーシック手術や老眼治療を行なって視力を回復させた方が結局は安くすみますし、快適な生活をおくれます。しかし高額な費用は必要なので、私はレーシックを受けられる方にはイントラレーシックをおすすめしています。

では視力を矯正・回復できる名古屋でのレーシック手術費用はどのくらいが相場なのでしょうか?それぞれの眼科の使用機器や技術力などによっても金額は異なりますが、20万円~35万円位が相場の金額と言われています。

この中に検査や診察料、薬代などが含まれていない場合もありますので、手術を受ける前に確認が必要になります。アフターケアー保証もしっかりと行なわれているかなど、レーシック手術を受ける際には万が一の事も考えてしっかりとした眼科・病院を探す事が大切です。

名古屋のレーシックの口コミや評判、レーシックを行なう場合のリスクなども踏まえて、自分に合ったクリニックを探してみましょう。

名古屋でレーシックしたいけど合併症の危険性は?

レーシック希望の名古屋嬢

次の連休のうちに名古屋でレーシックを受けたいのですが、合併症のリスクを気にしている方がみえました。レーシック手術での合併症(術後の副作用)について触れていきます。

とはいえ、一概にそれが手術の”失敗”とは言えませんし、一時的であったり、治療や再手術で治りますので心配しすぎることはありません。ただしリスクではあるので、そういうこともありうるということはお知らせしておかなければいけません。

まず見え方に関する合併症として「ぼやける」というものが代表的です。手術後1日で視力は矯正されますが、しっかりと眼球表面の手術跡が元通り吸着し、視力が安定回復するまでには1週間~2ヶ月を要します。これには個人差があります。

その視力安定までの期間に、視界のぼやけを訴える患者さんもみえます。この場合のほとんどは、術後1週間程度で自然と改善されていきますので、もしそれ以上長引いて気になるなら再度眼科を受診して検査してください。

更に視力安定のためには、1週間程度が平均的なようですが、長い人では2ヶ月かかる場合もあります。高齢者の老眼や、近視・乱視が強度である場合には術後視力が安定しにくいのだそうです。

また、コントラストが低下し、明暗の区別がつきにくくなる場合があり、この際には特に暗いところでは視力が低下したように感じるでしょう。

逆に明るいところでは、光が拡散するスターバースト現象や、灯りの周りがぼやけるハロー現象、今まで以上に明るさを強烈にまぶしく感じるグレア現象なども見え方が変わってしまう合併症として上げられます。
これらのほとんどは、個人差があるものの大抵は数ヶ月~半年の間に自然と解消・回復されていきます。

またレーシックを受けた場合に、将来白内障になった場合を心配される方みみえますが、レーシック治療を受けたデータがあれば白内障の手術も受けられます。しっかりした病院やクリニックで手術を受けることが大切です。