札幌のICLクリニックはどこがいい?

札幌・北海道のICLクリニックの料金比較やおすすめ眼科を紹介!

札幌

札幌・北海道でおすすめのICL眼科はどこ?
実際の料金はいくら?最安のクリニックは?

レーシックに代わる屈折矯正手術として注目を集めているICL(眼内コンタクトレンズ)。札幌でもICLの希望者は多いと思います。

ただしICL提供するクリニックは複数あるのでどのクリニックを選べばいいのかはわかりづらいですよね?

クリニックは①実績、②費用、③アフターケア保障を中心に選ぶことが大切です。

このサイトでは札幌を中心に北海道内でICLが受けられるクリニックを詳しく紹介します。

クリニック選びに迷っている方は是非参考にしてください。
 

札幌のICL料金比較【2021最新】

クリニックの費用

眼内コンタクトレンズ治療は公的健康保健適用外のため全額自費となります。病院にもよりますが、平均的な相場だと両目で60万~70万ほどです。乱視用レンズはノーマルレンズよりも高くなります。

下記は札幌と北海道内の主なICL施術を行うクリニックの費用比較です。

クリニック 乱視なし料金 乱視あり料金 検査料金(※)
品川近視クリニック 46.0万円(-5D未満)
53.7万円(-5D以上)
56.0万円(-5D未満)
63.7万円(-5D以上)
無料
札幌かとう眼科 660,000円 660,000円 5,000円
大橋眼科 714,000円 816,000円 記載なし
いずみ眼科 660,000円 660,000円 3,300円
たかみや眼科 記載なし 記載なし 記載なし
川口眼科クリニック 600,000円 700,000円 初診料5,500円

※適応検査費用と精密検査費用でICL施術代に含まれないもの。
(注意) 全て税込価格。料金は変更されている場合があるので来院前にはご自身でご確認ください。

 

札幌・北海道のICLクリニックおすすめ9選

品川近視クリニック札幌院

品川近視クリニック札幌

品川近視クリニックは症例数125万以上の業界の最大手。世界水準の手術を低価格で提供することをモットーにしており、多くの方が札幌院で施術を受けています。

ICL不安がある方でも、適応検査を無料で受けられるのでリスクなく医師の話を聞けるでしょう。

症例数が多いのは信頼の証しでもあり、また保証期間も3年と長く料金的にも受けやすいのご特徴。札幌でICLを受けるなら特におすすめのクリニックです。

ICL国内最多症例数受賞!
表彰

品川近視クリニックは、2020年度にスター・ジャパンよりICL国内最多症例数を受賞しました。(スター・ジャパンはICLを製造する米国スターサージカル社の日本法人)

 

実際の症例数の多さはそのクリニックの信頼の証しでもありオススメできます。

最安料金
46万円~
症例数
128万以上
保証期間
3年

品川近視クリニックのICL費用

近視度数 料金(税込)
-5D未満 (乱視なし) 46.0万円
-5D以上 (乱視なし) 53.7万円
-5D未満 (乱視あり) 56.0万円
-5D以上 (乱視あり) 63.7万円
(※両眼税込み)

適応検査の料金:無料! 

品川近視クリニック札幌院の住所・アクセス

住所 北海道札幌市中央区北三条西2-1 NC北専北三条ビル3F
アクセス ・JR札幌駅南口から徒歩5分
・地下鉄さっぽろ駅から徒歩4分
受付時間 10:00~20:00
休診日 年中無休
札幌院 院長 山本 享宏
\無料の適用検査WEB予約へ/

品川近視クリニック公式サイトへ

 

札幌かとう眼科

札幌かとう眼科公式サイト

彩光会グループの札幌かとう眼科は、白内障手術やICLに注力する眼科で、大学病院レベルの高度な医療を提供。

ICL手術は両眼15分で終わります。クレジットカードや電子マネーも利用可能。また院内はバリアフリーフロアです。

札幌かとう眼科のICL費用

レンズ 料金
ICL 乱視なし 660,000円
ICL 乱視あり 660,000円
(※両眼税込み)

適応検査の料金:5,500円 

札幌かとう眼科の住所・アクセス

住所 北海道札幌市東区北31 条東16-1-22
アクセス 地下鉄東豊線 新道東駅の5番出口から徒歩5分
診療時間 10:00~13:00(受付12:30まで)
14:00~18:00(受付17:30まで)
休診日 水曜,年末年始,お盆,学会日
院長 菅沼 隆之

札幌かとう眼科の詳細はこちら

大橋眼科

大橋眼科

札幌市白石区にあり地域に密着して患者の眼の健康をサポートする大橋眼科。

高度・先進医療を積極的に取り入れICLも行っています。執刀はICL認定医の大橋院長が担当しています。

※先着2名のモニター募集は定員に達して一旦終了。

大橋眼科のICL費用

レンズ 料金
ICL 乱視なし 714,000円
ICL 乱視あり 816,000円
(※両眼税込み)

適応検査の料金:記載なし 

大橋眼科の住所・アクセス

住所 北海道札幌市白石区本通6丁目北1-1
アクセス ・地下鉄 東西線南郷7丁目駅から徒歩15分
・JR白石駅から徒歩15分
診療時間 9:00~12:00、14:30~18:00
休診日 日曜、祝日、木曜と土曜の午後
院長 大橋 勉

いずみ眼科

いずみ眼科

旭川市のいずみ眼科は地域社会への貢献を考える地域密着型の眼科です。道北で数少ないICL実施認定施設であり、安全性の高いICLに注力しています。

3年以内はレンズの入れ替えも無料。自衛官、警察官、消防士割引や、学割もあります。キッズコーナー完備、院内無料Wi-Fiも設置。

いずみ眼科のICL料金

ICLレンズ 料金
ICL 乱視なし 660,000円
ICL 乱視あり 660,000円
(※両眼税込み)

適応検査の料金:3,300円 

いずみ眼科の住所・アクセス

住所 北海道旭川市末広1条1丁目
アクセス ・車での来院が便利です。
・春光小学校前
診療時間 平日 9:00~12:00、14:00~18:00
土曜 9:00~12:00
※受付は午前8:30~、午後13:30~
休診日 日曜、祝日、土曜午後
駐車場 34台完備
院長 泉 直宏

札幌せきや眼科

札幌せきや眼科公式サイト

札幌市西区にできた新しい眼科です。院長はもともと品川近視クリニックで執刀していた関谷先生であり、その豊富な経験から質の高い施術が期待できます。

院内も新しいため密にならない空間で感染症対策も徹底しています。土日も営業しているため手術などは受けやすいと思います。

札幌せきや眼科のICL費用

レンズ 料金
ICL 乱視なし 700,000円
ICL 乱視あり 800,000円
(※両眼税込み)

適応検査の料金:5,000円 

札幌せきや眼科の住所・アクセス

住所 北海道札幌市西区西町北8丁目1-8
アクセス 札幌市営地下鉄東西線 発寒南駅「出口1」より徒歩5分
診療時間 9:00~12:00、13:30~17:00
休診日 木曜日
院長 関谷 恵悟

札幌せきや眼科の詳細はこちら

たかみや眼科

たかみや眼科

道内で数少ない有水晶体眼内レンズ(ICL)の認定施設です。公式サイトに情報が少ないので、不明な点は直接話を聞いてください。

初診は受付終了時間の30分前までに来院のこと。

たかみや眼科のICL料金

ICLレンズ 料金
ICL 乱視なし 記載なし
ICL 乱視あり 記載なし
(※両眼税込み)

適応検査の料金:記載なし 

たかみや眼科の住所・アクセス

住所 北海道旭川市神楽5条14丁目1-6
アクセス JR神楽岡駅からすぐ
JR旭川駅より1駅、3分
診察時間 月、火、木 9:00~12:00、14:00~17:00
水、金、土 9:00~12:00
休診日 日曜・祝日
駐車場 21台
院長 高宮 央

川口眼科クリニック

川口眼科クリニック

江別市の総合眼科である川口眼科クリニック。ICLやオルソケラトロジー、多焦点眼内レンズなどを行なっています。

自由診療予約から無料相談にも対応しています。

川口眼科クリニックのICL料金

ICLレンズ 料金
ICL 乱視なし 600,000円
ICL 乱視あり 700,000円
(※両眼税込み)

初診料:5,500円 

川口眼科クリニックの住所・アクセス

住所 北海道江別市野幌東町54-11 ビッグハウス向かい
アクセス JR函館本線 野幌駅から徒歩4分
診察時間 平日 9:30~12:30、14:00~18:00
土曜 9:00~11:30、13:00~15:00
休診日 日曜、祝日、火曜と水曜の午後
院長 川口 聡

江別こばやし眼科

江別こばやし眼科

北海道江別市にあり地域に密着の眼科として信頼のある江別こばやし眼科。

地方に安全な近視治療を広めるべく眼内コンタクトレンズ(ICL)の認定施設となりました。

江別こばやし眼科のICL費用

レンズ 料金
ICL 乱視なし 660,000円
ICL 乱視あり 770,000円
(※両眼税込み)

初期検査の料金:5,500円 

江別こばやし眼科の住所・アクセス

住所 北海道江別市元町27-3
アクセス ・中央バス「2番通4丁目」下車すぐ
・自動車:2番通沿い
診療時間 9:00~12:00、14:00~18:00
(火曜の午後は17:00まで)
(水曜・木曜の午後は手術)
休診日 日曜、祝日、土曜の午後
院長 小林 和夫

 

最初に知っておきたいICLの特徴

スターサージカル社の穴あきICLレンズ

ICLのメリット

角膜を削らない近視矯正手術

ICLはレーシックと違って角膜を削りません。ICLは目の中にレンズを入れる足し算の視力矯正法であり、安全性が高いことが特徴です。

元の状態に戻せる

万が一、何かトラブルがあった場合でもICLレンズを取り出して元の状態に戻すことができます。眼の病気になった場合でも安心できます。

極度の近視にも対応

幅広い度数レンズを取り揃えているため、強度の近視にも対応。日中も夜間もシャープかつクリアな見え方に矯正されます。

半永久的に使用できる

レンズは長期間交換する必要がなくメンテナンス不要です。何か特別なトラブルがない限り半永久的に使用できます。

紫外線をカット

ICLレンズのコラマー素材はノングレア特性があり、これが光の反射を防ぎ紫外線を90%以上もカットします。

ICLのデメリット

費用が高い

保険適用外のため実費での治療となり、さらに費用はおよそレーシックの2倍です。民間の保険に加入している方は、医療保険が適用される場合がありますので一度確認をしてください。

手術までに時間がかかる

ICLレンズは海外から空輸するため、自分に合ったレンズがない場合は手術開始までに2~3ヶ月かかることもあります。

老眼を治せるわけではない

老眼はICLの手術を受けた人であっても受けない人と同様40歳以上になると出てくる可能性があります。その場合は老眼鏡を併用の必要があります。

レンズの位置ズレ

まれにサイズが合わず、乱視レンズの位置ズレが起こる場合があります。その場合は再度取り出して別サイズのレンズを入れることになります。

ICL手術の流れ

手術前の医師
ICL手術の流れは下記の通りです。手術自体は、両眼15分程度で終わります。

STEP.1
点眼麻酔
最初に瞳孔を開くために散瞳剤を点眼した後、目薬タイプの点眼麻酔を行います。
STEP.2
目を3ミリ切開する
ICLレンズを挿入するため角膜に3mmほどの切開創を作ります。この切開創は自然治癒していきます。
STEP.3
レンズの挿入
レンズを筒状にして切開創から挿入します。レンズは目の中でゆっくり開いていきます。
STEP.4
レンズの固定
レンズを虹彩と水晶体の間に固定します。位置確認も行います。
STEP.5
瞳孔を縮めて終了
最後に点眼で瞳孔を縮めて、目の中を洗って手術は終了。
STEP.6
休憩~診察
手術後は目が安定するまで30分~1時間ほど休憩して、診察後に帰宅。